#
新着情報と社員のつぶやき
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

新着情報と社員のつぶやき

MAZDA 3

マツダは先月24日、主力となる小型車「MAZDA(マツダ)3」の国内販売を開始。

設計やエンジンなどを見直した新世代商品群の第1弾。

日本で「アクセラ」として販売されてきたが、今回「マツダ3」に車名を変更した


“美しく走る  Be a driver.”

  



「まっすぐ座れる。あたりまえのことだと思っていませんか。」

~すべての「走る歓び」はドライビングポジションから生まれる‾

 

まっすぐな姿勢でシートに座り、自然に足を延ばした先に

ペダルがあること。

これが、マツダが理想とする走りの基礎であり、クルマを意のままに

操る楽しさの基本です。

スカイアクティブテクノロジーの開発とともに、クルマの設計を

まったくのゼロから見直して前輪を前方に移動させたのは、

まっすぐに座れることを第一に考えているからこそ。

そしてアクセルペダルに、人間の足の動きとペダルの軌跡がずれにくい

オルガン式ペダルを採用しているのは、自然な姿勢で運転できることを

追求しているからこそ。

この想いによって、マツダはクルマの大小に関わらず、すべてのモデルで

この理想状態を実現しています。

 

マツダの「走る歓び」は、ドライビングポジションから始まります。



車両本体価格¥2,181,000~

(メーカー希望小売価格・消費税8%込)

第二工場へ潜入

明日から6月!!

月日が経つのは本当に早いものです

6月といえば衣替えですね

先日家族の衣類を一気に!ドバっと!!

断捨離した佐藤です(^_-)-☆

 

さてさて今朝

少し時間があったので弊社第二工場へ。。

お!?

いつもお客様のSOSに駆け付ける

我が社のキャリアカ~

 

車検整備中ですね!!

山際さん発見👀

狭いところで身動き取れず…

大変そうでした(>_<)

頑張ってください!!

 

奥の板金工場では

駒沢課長も忙しそうでした!!

 

私も仕事頑張ります

°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

最後に

いつもダンディな小野寺部長☆

今日も忙しそうです(・ω・)

 

みなさんおじゃましました~

 

営業部 佐藤

駒沢課長の休日

皆様いかがお過ごしでしょうか

今日も天気がいいですね

晴れの日は気分スッキリです☆

 

 

今日はサービス部ボディサービス課の

課長・駒沢さんにインタビュ~をしてきました♪

 

普段は板金工場にいるため

フロントでは見かける事が少ないと思いますが…

 

駒沢課長も石丸課長と同じく

半世紀以上にわたり関屋モータースを支えて下さっている

いつもやさしい…いゃ…やさしさのかたまり…(笑)

駒沢さんです♡

 

「駒沢さ~ん!ゴールデンウィーク何してました~??」

との突撃インタビューに

「野郎~と公園だっ!!」

と即答!(^^)!

 

※駒沢さんのおっしゃる“野郎”さんとは

2歳になるかわいいかわいいお孫さんのことです(^_-)♡

 

連休の一番の思い出は

お孫さんと遊んだことだったのですね

なんてすてきなお爺ちゃん♡

お孫さんの話になるといつも目じりのさがる

駒沢さんでした☆

 

ありがとうございます!

 


出発前の石丸課長とパチリ☆

営業部 佐藤

Supra is Back

ただ一つの道を走ってきた

The Sports of Toyota として

ピュアスポーツにしかない別世界の感動を

世界中の人々に届けるという道を。

A40/50 CELICA XX, A60 CELICA XX,

A70 Supra, A80 Supra…

Supraは時代と共にかたちを変えながら

自分であることは変えなかった。

そして2019年。

伝統の直6+FRを継承しながら

心と走りがひとつになるような共鳴感覚

アグレッシブな個性を未知の領域まで尖らせて。

 

いま 新しいSupraを。

走りへの無垢な思いを注ぎ込んだクルマを。


Supra is Back.

車両本体価格 ¥4,900,000~
※メーカー希望小売価格(消費税8%込・2019年5月現在)

石丸課長のゴールデンウィーク

今日はとってもいお天気ですね(^_-)-☆
少し動くと汗が出るほどです

屋外で働く職人様!お疲れ様です‼

今日は関屋モータース歴半世紀以上のいつも優しい石丸課長に取材をしました♡

私)石丸さ~ん!ゴールデンウィークはどこかお出かけしましたか?

石)みんなで栃尾に行ってきた~

うまい油揚げ屋があってよ!

揚げたてが食べれるんだいや~

サイコーだよ‼

 

と教えてくださいました(^^♪

 

御家族皆様で長岡市栃尾へ行ってきたそうです

ステキですね♡

 

お店の名前は「あげ家 松兵衛」さん

だれでも製造工程を見学できて

揚げたての油揚げを食べられるイートインコーナーがあるようです

長ネギ・しょうが・キムチ・納豆味噌・青じそ・つぶし梅…

書ききれないほどのトッピングサービス!!

 

あ~食べたい

いいですね~

HPをのぞいたらなんとビールセットもありました( *´艸`)

たまら~ん♡

 

 

石丸さん!素敵なお土産話をありがとうございました☆☆☆

営業部 佐藤

MARK X ー Final Edition ー

HISTORY OF MARK X

「躍動美にあふれ、近代的で流麗なスタイル」

「ファミリーカーとして理想の広さ、ぜいたくさ、快適さを備えた室内、居住性」

そうした言葉で紹介され、1968年に登場したのが、マークXの前身である初代マークⅡ。

それまでファミリーカーとして好評を博していたコロナより一回り大きいボディ、

エンジンを採用し、上級志向のオーナーに向けて発売されました。

1980年代には、ハイソカーの中心的存在としてブームを牽引。

2004年には10代目を期にマークXと車名を変更。

その誕生から50年が過ぎた現在も、日本のハイクラスセダンの中心的存在として走り続けています。

特別仕様車登場です

~ありがとう!!マークX~(ToT)/~~~!!

250S “Final Edition”

250S Four “Final Edition”

車両本体価格(消費税8%込)¥3,331,800~

あっという間の5月

みなさまいかがお過ごしでしょうか

ご無沙汰しておりました…

今年のゴールデンウィーク

お仕事で忙しかった方も

連休を楽しんだ方も

世間は「10連休」といい

大変話題になりましたね

いろんな思いがあった事でしょう

弊社ではゴールデンウィークに9連休をいただきました

 

少し時間が経ってしまいましたが

社員それぞれの思い出をこれから取材に回りたいと思っています(^^♪

お楽しみに~☆☆☆

こんにちは♪サービス部の岩田です!

久しぶりのブログです(笑)

先日、趣味の山登りで粟ケ岳(下田ルート)に行ってきました!
朝は山頂が曇ってて見えなかったけど、登っていくにつれ晴れ間が見え、8合目から山頂にかけては晴れました。
その後は吹雪で真っ白に(^^;;
登りで3時間半かかりましたが、綺麗な景色を見て達成感を感じました。


①粟ケ岳頂上


②加茂ルート方面 綺麗でした!

何か目標に向かって達成することは気持ちがいいですね♪
これからもいろんな山を登って行きたいと思います(^^)

③粟ケ岳頂上に到着!


④9合目付近より弥彦山・角田山方面

サービス部 岩田

今年もありがとうございました。

残すところあと少しで今年も終わりですね

(弊社は12月26日(水)が整備受付最終日となっております)

毎年年末になると社員総出で会社全体の大掃除をするのですが

各部署の課題となっているのが整理整頓です

みなさま“断捨離”(だんしゃり)という言葉を耳にした事はありませんか?

断捨離とは字の通り

「断」断行・・・不必要なものが家に入ってくるのを断る(買わない・もらわない)

「捨」捨行・・・家にある不用品を捨てる

「離」離行・・・物への執着から離れる

という教えだそうです

断捨離で空間にゆとりができる

気持にもゆとりができる

運気アップ!につながるんですって☆

思い切った断捨離で

スッキリした新年を迎えられるよう

みんなで取り組みたいと思います!!

今年も沢山のお客様にお世話になり

本当にありがとうございました

よいお年をお迎えください

 

営業部 佐藤 真弓

スタッドレスタイヤへの交換はお済ですか?

皆様いかがお過ごしでしょうか
早いものでもう12月・・

本社と

ショールームに
クリスマスツリーが飾られました♡♡♡

あっという間に今年も残り一ヶ月
寒さもいよいよ本番ですね

朝食をしっかりとると体が元気に動き
頭の働きも活発になるといわれます
こんな時期には温かい朝食をとり毎日元気いっぱいでいたいものです(^O^)

さてさて弊社には連日タイヤ交換のお客様がたくさんいらっしゃいます

大変ありがたいことに週末には整備のご予約を沢山頂きており
そんな状況からご来店頂いたお客様をお待たせしてしまうことも多く
ご不便をおかけしております

タイヤメーカー各社も早めの交換~タイヤの慣らし運転を推奨しています
混雑する前の余裕をもった交換がおススメです!

このページの先頭へ